クレコレ(クレジットカードについて知っておきたいアレコレ)

3C

審査に重要な3C

クレジットカードを持つには必ず審査を受けてそれを通過しなければいけません。審査というのは業者が私たちの情報を参照して勝手に進められるものなので私たちはただ待つだけで良いのです。

 

そんな審査でなにを判断されるのか少し不安のところではありますが、審査の項目は一般には公開されておらず私たちには知る術がありません。ですが、審査に重要とされる三つのCというものがあり、それらに少し気をつけておけば審査通過の可能性は上がるかもしれません。三つのCが一体なにを指しているのか紹介します。

 

すべての業者の審査で共通して重視されるのがこの3Cだと言われていますが、各業者これとは別の項目も独自に審査していますので3Cだけ注意していれば絶対通過できるというものではありません。

 

Capacity(資力)

1つ目のCはCapacityのCであり、資力を指します。

 

クレジットカードは使った分の額を後日にクレジットカード会社に払う必要があるため、それが不自由なくできるための安定的な収入が必要になります。つまり私たちの収入が審査では見極められ、クレジットカードを持つに値するかを判断されます。これは3Cの中でも最も重要視される項目とされています。

 

Character(性格)

性格を審査されると言われると少し疑問に思うかもしれませんがこれも重要な項目の1つ。性格と言うのもこの場合、まじめさ、信頼性等を指しています。

 

クレジットカードは一時的にお金を借りるわけですから、いい加減な人であればクレジットカードを使うだけ使ってその後の返済をしないということもできるわけです。それをなるべく防ぐためにも顧客の性格を見極めることが重要になるのです。

 

審査では直接担当と顔を合わせるわけではないので実際の性格を知ることはできませんが、今までのカードの利用履歴、様々な支払いの履歴を参照して判断します。

 

Capital(資産)

Capitalとは担保となり得る、現在所有している資産を指します。資産とは基本的に不動産や車などになります。資産が多ければそれだけ信頼性は上がりますし、もしなにかあったときでも担保があればクレジットカード会社からすれば安心感がありますよね。

 

資産があれば審査には有利ですが、資産が無ければ審査には絶対通らないということではありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ