クレコレ(クレジットカードについて知っておきたいアレコレ)

クレジットカードで使った分を返済

クレジットカードで使った分を返済

クレジットカードは後払い方式というもので、一旦カード会社に支払いをしてもらうため、ショッピングをしている最中は自分のお金は一切使いません。それによってジャラジャラ小銭を持ち歩く必要はありませんし、大金を持ち歩かなくて良いので夜道も安心です。それがクレジットカードの良いところです。でもカード会社に払ってもらってばかりではいけません。後日、カード会社に払ってもらった分をまとめて返さなければいけないですよね。使った分をどうやってカード会社に払うか、そこが問題ですね。

 

支払い方法

カード会社には銀行口座振替で支払う人が多いようですね。この方法なら毎月支払日になれば自動的に自分の銀行口座から使った分の代金が引き落とされます。自動なので毎月支払いを意識する必要がないのはとても楽ですよね。ただしこの方法は口座にある程度余裕がある人でなければいけません。口座の残高がもし支払額より少なかったら支払いが正常に行われません。支払いができなかったことを知るのは支払日が過ぎた後なのでとても危険です。毎月口座の残高がギリギリだよって人に向いてないかもしれません。

 

口座振替でないば場合は手動で振込をする必要があります。振込はATMやコンビニで簡単にできますので苦ではありませんよね。

 

支払い方式

支払い方法と少し似ている支払い方式。ですがその中身は全く別の意味です。

 

支払い方式で一番一般的なのが一括払いというものです。つまり1ヵ月間で10万円の買い物をしたら支払日に10万円を払うということになります。これが最も一般的でほとんどの人がこの支払い方式を使っています。他にも2回払いというものもあり、こちらは2回に分けて払う分、負担も少し軽くなります。この2種類の支払い方式がクレジットカードの一般的な支払い方式だと覚えておきましょう。

 

他にも分割払い、リボ払いという方式があり、この2つは上の一括払い、2回払いとは間逆の支払い方式といったところです。

 

分割払いは主に大きな買い物をしたときに使う方式で自分で支払う回数を決めることがきる便利なものです。大きな買い物をしたとき、一気にその請求がきてしまうとどうしても困るといったときにこの分割払いはとても役立ちます。ですが、分割だからといってあまり乱用しすぎると危険ですのでしっかり管理しましょう。

 

最後の主な支払い方式としてリボルディング払い、通称リボ払いがあります。リボ払いは月々の支払いが一定になる支払い方式で支払いの負担が軽減されるのが最大のメリットです。最近はリボ払いを利用する人も徐々に増えており、リボ払いしかできないリボ払い専用クレジットカードもあるほどです。

 

ただし気をつけておきたいのが分割払いとリボ払いは金利が発生するということです。とくにリボ払いに発生する金利は甘く見てはいけません。気付かずにリボ払いをしてしまい放置していたら借金が数百万円にまで上っていたという話をしばしば耳にすることがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ