クレコレ(クレジットカードについて知っておきたいアレコレ)

マイルがなかなか貯まらない

マイルがなかなか貯まらない

ここで紹介するのは、ANAマイルがなかなか貯まらないという方に提案したい貯め方。それが、ガソリンスタンドを徹底的に利用して貯めるということ。どういうことか?以下より、詳しく説明していきます。

 

 

この方法が対象となる前提条件の方は?

  1. ANAマイルを貯めることができるクレジットカードを所持している
  2. 車移動が中心の生活をしている方
  3. 家族で車を使っている方(理想は一人に一台)
  4. ガソリンスタンドの利用をエネオスにできる方(既にエネオスを利用している方)

 

 

エネオスをオススメする理由とは?

簡単にいえば、エネオスはANAマイルを貯めることができるガソリンスタンドだから。これだけでは、正直なところパンチが弱いかと思います。ということで、詳しく説明していきます。

 

ANAマイルの2重取りが可能

エネオスでは、ANAマイルの2重取りが可能となっています。

 

まずは、利用時にANA系のクレジットカードを提示すれば、100円で1マイルを貯めることができます。さらに、クレジットカードで支払えば、カード会社が提供しているポイントプログラムのポイントを貯めることができます。これを、ANAマイルに移行すれば、2重取りが実現するわけです。

 

具体的にANAカード(JCB)で説明

エネオスで5000円分給油。100円で1マイルのため、50マイル獲得。JCBでは、OkiDokiポイントが1000円で1ポイントが貯まります。よって、5ポイント獲得。OkiDokiポイントは1ポイントを10マイルに交換することが可能なため、5ポイントを50マイルに。合計100マイルをあっという間に貯めることができます。これを月1回だっとしても、年間1200マイルを貯めることができます。

 

※注意
厳密にはポイント移行時に手数料(年間2,160円 /一部無料のカードも有り)が必要となるためご注意ください。

 

通勤に車を使っている方などは大量獲得のチャンス

先の年間1200マイルは、あくまで月1回5000円の利用での話。

 

通勤などで愛車を利用している方であれば、1周間に1回、中には3日1回ぐらいの方も見えるでしょう。1年52週間のため、5200マイルもの大量獲得ができます。

 

ちなみにANAマイルの有効期限は36ヶ月のため、最大で15600マイルも貯めることが可能となります。無料航空券と交換で考えると東京−沖縄間の往復分(ただしシーズン外)となります。

 

家族カードで更に貯めることができる

車をよく利用するのが、自分一人だけではなく家族も利用していれば、家族カードを発行することで、さらに効率よく貯めることができます。理由は、言うまでもありませんね。貯める人数が増えれば、当然、多く貯まることになります。

 

 

徹底すればたくさん貯めることが可能!

ここではエネオスを例にとって説明しましたが、徹底してANAマイルを貯めることに専念すれば、かなりの勢いで増えていくはずです。それほど、マイレージプログラムは優秀なため、貯まらないという方は、今一度、勉強することをオススメします。


ホーム RSS購読 サイトマップ